かんたんなカーテンの採寸方法

カーテンの採寸はレール幅と、カーテンを掛けるランナーから高さを測るだけです。オーダーカーテン一緒にはじめましょう。

用意するものメジャーメモ計算機

メジャー(スケール)をご用意ください。測ったサイズがわからかなくならない様にメモをとります。
メモにはわかりやすいように部屋の名前や窓の方角を記入、カーテンレールの幅、 高さ書き込みましょう。
計算機は窓の採寸が終り、カーテンのサイズに仕立てるのに必要になります。計算は簡単な足・引・掛・割り算です。
これ以外にも、ちょっとした高い場所は脚立か椅子が必要になります。手の届かない場所の採寸取り付けは業者に任せた方が良いでしょう。

採寸が重要です

スリーステップ簡単採寸

一つ一つ手順に従って確認しながら進んでください。

カーテンレールが付いてないと採寸ができません。

STEP1 幅の採寸

幅の採寸は窓の幅ではなく、カーテンレールを基準に測ります。
ランナーの端から端までをお測りください。
※ランナーとはカーテンレールの両端あるカーテンを取り付ける吊り金具です。

■ 機能レールの場合

※両端にある固定されたフックの穴(固定ランナー)からフックの穴までの距離を測ります。


■ 装飾レールの場合

レールキャップ両端の付け根(リング稼働場所)端から付け根の端までを測ります。飾りキャップは含めずにお測りください。

  ポイント1

■ カーテンの横幅は採寸したサイズに、光漏れやお洗濯の縮み分を考え ゆとり分をかけたサイズにします。
カーテンが閉まらず中央に隙間ができたり両端から光漏れなどの原因になります。
 

標準仕様1.5倍   採寸幅×1.05
フラット仕様   採寸幅×1.1〜1.3

  ポイント2

■ 開閉方法によってご注文サイズが変わります。
カーテンのオーダーは1枚のサイズです。両開きは2枚、片開は1枚でオーダーします。

 

両開き片開き修正画像
両開き採寸サイズの記入例 両開きのカーテンは左右のカーテンを1まいづつ2枚で注文をします。カーテン1枚のサイズを計算して購入数を2枚とします。
片開採寸サイズの記入例 片開のカーテンはカーテンを1枚で注文します。カーテン1枚のサイズを計算して購入数を1枚とします。

STEP2 丈の採寸

レールの採寸位置はランナーの下からスケールをあてて測ります。
掃き出し窓の採寸位置

採寸場所【 カーテンフック下から床まで】−1cm= 丈の注文サイズ


カーテンの丈が長いと下に付き引きずってしまいますので丈を1cm丈を短くします。
ダブルレール【2本レール】でドレープカーテン、レースカーテンと組み合わせの場合はレースカーテンは更に1cm、床から2cm丈を短くします。ドレープカーテンから見てレースカーテンの裾が隠れて綺麗にまとまります。

 

ポイント1

●●●ドレープカーテン【厚地】●●●
丈の注文サイズ=ランナー下から床までの採寸サイズ−1cm
 
●●●レースカーテン【薄地】●●●
丈の注文サイズ=ランナー下から床までの採寸サイズ−2cm
 

掃き出し窓採寸サイズの記入例
腰高窓の採寸サイズと注文サイズ

採寸場所【 カーテンフック下から窓枠まで】+10〜15CM
= 丈の注文サイズ

光漏れや断熱効果を高める為に丈を10〜15CM長くします。窓台や家具などがある場合は裾を引きずらないように調整(障害物から1cm短く)してください。ダブルレール【2本レール】でドレープカーテン、レースカーテンとの組み合わせる場合はレースカーテンはドレープカーテンより1cmを短くします。ドレープカーテンから見てレースカーテンの裾が隠れて綺麗にまとまります。

 

ポイント2

●●●ドレープカーテン【厚地】●●●
丈の注文サイズ=ランナー下から窓枠までの採寸サイズ+15cm
 
●●●レースカーテン【薄地】●●●
丈の注文サイズ=ランナー下から窓枠までの採寸サイズ+15cm−1cm


 
腰窓採寸サイズの記入例

STEP3 フックについて

 ポイント1

■ 当店のオーダーカーテンはAフックが標準です! Bフックもお選びいただく事も可能です。
 

カーテンレール(機能レール・装飾レール)の種類や設置状況によりフックの位置が変わります。
当店ではどの様なレールにも合うAフックを標準としています。
機能レールをお使いになられるお客様でドレープ(厚地)カーテンをBフックでご希望のお客様にご指定を頂く事は可能です。

レールを見せる【天井付け】Aフック


レールの真下にカーテンが付いてランナーが隠れてレールが見えるように縫製されています。
カーテンのウエーブが一番きれいに見えるフックになります。インテリア通販BWYではオーダーカーテンのフックの標準仕様はAフックとしています。オプションでBフックが選択できます。


レールを隠す【正面付け】Bフック


フックの位置から4cm生地の立ち上がりがあります。
カーテンを閉じたときにレールが隠れるように縫製されています。スチール製の機能レール用に作られたレールを隠す縫製スタイルです。

ポイント2

● 標準カーテンボックス・装飾レール
ドレープ(厚地)A フック・レース(薄地)A フック


 

● 機能レール
ドレープ(厚地)B フック・レース(薄地)A フック


 

カーテンの継ぎ目について

幅が100cmを超えると
継ぎ目が入ります。

カーテンの生地幅は140cm、150cmの生地になります。
標準仕様の1.5倍ヒダであれば140cmで横幅91cm、 150cmで横幅101cm以上のサイズになると継ぎ目が入ります。
柄物の場合、縫い合わせが不自然に見えないようになるべく柄を合わせ極力目立たないように縫製させていただきますが、生地の特性上きっちりと合わない商品も御座いますので予めご了承ください。
また、遮光カーテンの場合、継ぎ目部分から針穴による光漏れが気になる場合があります。ピンホール(針の通った穴)からの光漏れにつきましては製造工程上どうしても生じてしまうものとなりますので予めご了承くださいませ。


【ご注意事項】

●ご注文は1cm単位で承りますがカーテンの生地素材の特性上±1cmの誤差が生じる事が御座います。アジャスターフックで調整をお願いします。

●「幅つめ(cm)」の加工サイズが「幅/cm」のサイズよりも大きい場合、金額が変わりますので注文保留となります。丈つめ(cm)」の加工サイズが「丈/cm」サイズよりも大きい場合も同様です。ご注文サイズより大きく加工することはできません。ぴったりのサイズが無いい場合は、一番近いサイズの大きい方をお選びください。

●注文確認メールにて幅つめ、丈つめ、フックの加工ご指定サイズに間違いが無いかご確認下さい。 間違いがあった場合速やかに当店にご連絡をお願いします。ご連絡のタイミングにより、すぐに加工されている場合がございます。加工後の変更は承れません。何卒ご了承ください。

●オーダーカーテンの残布は製造工程上お譲りすることはできません。

●価格表のサイズより大きく加工することができません。大きいサイズはお問合せください。

●幅つめ、丈つめは1cm単位となります。幅の小数点以下は切り上げ、丈は切り捨てをお勧めしています。

●尚、カーテンの幅は縫製工程上+5cm以内の誤差が発生する場合が御座います。お取り付けには問題ない程度の誤差になります。

●幅91〜101cm以上の商品は継ぎ部分があります。継ぎ部分は極力柄が合うように致しますが、生地の特性上ぴったり柄が合わないことがあります。何卒ご了承ください。

●その他、気になる事があればお問合せください。